iPhone Developer Workshop

iPhoneアプリ開発の情報交換や開発者同士の交流の場を創っていくのが目標です


第十六回 iPhone Developer Workshopを、2012年8月26日(日)に赤羽の「ネスト赤羽」にて行いました。
会場をお貸しいただきましたTIMINGの代表 北村さん、ありがとうございました!

また第十六回は、午前18名・午後12名の参加者の方にご参加いただきました。
皆様お疲れさまでした!

今回は午前はアプリ開発セミナー、午後はもくもくとiPhoneアプリ開発を行う会となりました。

みやけんさんからは「私がios開発でつまずいたこと」というタイトルでお話いただきました。

普段 Android 開発をされているみやけんさんから、iOS 開発を始めたさいのつまづくポイントやその際の対処についてお話いただきました。
発表終了後には、MallocStackLogging、NSDebugEnabled、NSZombieEnabledをオンにする方法やInstrumentsでZombiesを確認する方法など、開発者の間で色々なデバッグ方法についての情報交換なども行われました。

hedjirog さんからは「私がios開発でつまずいたこと」というタイトルでお話いただきました。

内容としては、CoreDataを利用する際に多数のデータトランザクションが発生する場合における非同期データ処理の方法についてお話いただきました。
parentContextなどのiOS5から利用できるようになった機能を活用し、データ永続化の際にメインスレッドの処理に時間がかかりUI操作が妨害されないようする方法についてお話いただきました。
大量データなどを扱う際のアプリで是非活用したい技術ですね!
英語のページではありますが、http://www.cocoanetics.com/2012/07/multi-context-coredata/ のページの説明が参考資料としても有効です。

朔からは「知ってる知らないで変わる – XCode開発の小技集 – 」というタイトルでお話させていただきました。

内容としては、開発を効率化するための色々な小技についてお話させていただきました。

  • emacs / vi によるキー高速化の話やショートカットとの組み合わせ
  • Build Settingの活用
  • スキーマの作成と利用方法
  • info.plistのスイッチング
  • 画像素材準備の効率化

自分はキーバインドの設定やショートカットの利用が一番効果あるんじゃないかな、と思っています。
Keyremap4Macbookはemacsにもviにも設定できるのでオススメです!
その他の話についてのサンプルコードも上記資料の中のリンクにありますのでご活用ください。

午後はもくもくと各自のテーマについて開発を行っていました。
今回の勉強会に参加されていた方の各種テーマです。

  • 自動音声読み上げアプリ
  • 楽譜入力・再生アプリ
  • Evernote連携アプリの改善
  • 2つ目の製作アプリ
  • CoreDataのデモ作成
  • 単語アプリの製作
  • Facebookへの写真アップロードアプリ
  • 出席管理アプリ
  • アプリ入門書
  • 地図情報アプリ, SNS製作
  • PDFのQuatzによる描画
  • POSレジアプリのバグ解消

午後の勉強会の様子ですが、残念ながらまた集中して写真を撮り忘れてしまいました(笑)
皆さんもくもくと開発をしておりました!!

今回は人数も少し多かったので18時のみに発表と質問コーナーを設けました。
今回も色々な質問や議論が出て活発に意見交換ができて良かったです!

次回の勉強会は、10/28(日) 10:00 – 18:00 @ 渋谷 ファンコミュニケーションズさんの会場をお借りしての開催を予定しております。
午前中に講演等をやるかはまだ未定ですが決まりましたらまたメーリングリストで告知しようと思います!

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

One Response to “【レポート】第十六回 iPhone Developer Workshop”

  1. saku2saku より:

    ブログにエントリ: 【レポート】第十六回 iPhone Developer Workshop – 第十六回 iPhone Developer Workshopを、2012年8月26日(日)に赤羽の「ネスト赤羽」にて行いま… http://t.co/9YKANMPs

Leave a Reply