iPhone Developer Workshop

iPhoneアプリ開発の情報交換や開発者同士の交流の場を創っていくのが目標です

Posts Tagged ‘分散ビルド’


第六回 iPhone Developer Workshopを、2011年4月24日(日曜日)に行いました。

今回の会場は株式会社コミュニティコムの代表取締役 星野邦敏さんのご協力のもとにネスト赤羽の会議室をお借りさせていただきました。ありがとうございました!

また第六回は、午前・午後ともに約12名の参加者の方にご参加いただきました。
皆様お疲れさまでした!
そして、午前中の発表にご協力いただきました nnkgwさん、murapong さん、 andpdasさんありがとうございました!!

午前中は恒例になりつつありますが、現役開発者のライトニングトーク形式でiPhoneアプリ開発についてお話いただきました。

最初はsakuが「ひとり開発でもバージョン管理開発 – トリビア編 -」というタイトルでお話させていただきました。

先々月話そうとしていたネタですが、時間の関係上今回になりました。
Subversionの基本からiPhoneアプリ開発におけるおすすめの構成や、Windows環境におけるOfficeドキュメントのDiffの確認のTIPSなどについてお話させていただきました。

二番手はnnkgwさんにお話いただきました。
「Xcode の一歩進んだ使い方 WAN環境で分散ビルド」というタイトルでお話いただきました。

nnkgwさんは前回LAN環境にて iMac を利用した分散ビルドについてお話いただきましたが、今回はWAN環境でもできたということでそのやり方についてお話をしていただきました。
MacBookAirをお持ちの方で家にiMacなどがありビルド時間が長くてお困りの方は試してみてはいかがでしょうか?

次は murapong さんから 「TestFlightで楽々ベータテスト」 というタイトルでお話いただきました。

TestFlightはアプリ開発者がベータテスターを募集する際などに効果を発揮し、テスターに対するベータアプリの配布の面倒な処理などをサポートしてくれます。
ベータテスターを募集したい開発者の方は使ってみてはいかがでしょうか?

ラストは andpdas さんに「ソーシャルプラットフォーム パンキアについて」という題目でお話いただきました。

パンキアはGame CenterやOpen Faintなどのようなゲームのソーシャルプラットフォームであり、株式会社パンカクさんで開発されています。
リーダーボード機能や階級システム、フレンド機能や、ネットワーク対戦まで簡単に自分のiPhoneアプリに導入できるようです!
将来的にはアイテム管理・販売機能なども実装される予定のため、現在MixiやGreeであるようなソーシャルアプリをiPhoneアプリで簡単に実装できるようになっていくかもしれませんね。
現在公開に向けて開発中ということでしたので、andpdas さん頑張ってください!

次回はまだ場所・日時ともに未定となっております。
決まり次第メーリングリストにて告知しますので、ご都合が付きましたらまたご参加くださいませ。
それでは皆様、また次回よろしくお願いします!


第五回 iPhone Developer Workshopを、2011年2月13日(日曜日)に神奈川県溝ノ口のすくらむ21の会議室にて行いました。

また第五回は、午前・午後ともに約10名の参加者の方にご参加いただきました。
皆様お疲れさまでした!
そして、午前中の発表にご協力いただきました 武田さん、nnkgwさん、みやけん さん、 さんありがとうございました!!

午前中は前回に引き続きライトニングトーク形式で、iPhoneアプリ開発についてやAndroidの現状についてお話いただきました。

トップバッターは武田さんにお話いただきました。
「アメリカで売れているiPhoneアプリとは?」というタイトルでお話いただきました。

武田さんはアメリカに一年留学され、現地留学中にアメリカの企業で業務経験を積まれたあと日本に帰国し独立されております。
今回は、アメリカのiTunes Storeでのアプリの人気傾向や、留学期間中に武田さんが感じた現地の方のアプリの好み・ウケそうなネタなどをお話していただきました。
自分もまだ試してはいないのですが、アメリカのiTunes Storeでは日本で公開されていないアプリも数多くあるとのことなので、アプリの海外進出を狙っている方はアメリカのiTunes Storeアカウントも作ったほうがいいかもしれないですね。

2番目は nnkgw さんから MacBook Air と iMac を利用した分散ビルドについてお話いただきました。

MacBook Air では CPU パワーが他の Mac に比べて弱いため少し大きめのプロジェクトをビルドする際には時間がかかってしまいます。
(例えば自分の Core i7 の MacBook Pro でもビルドに5分とか平気でかかるようなものも経験したことがあります)
そこで、強力なマシンを利用して分散ビルドを行うことでビルド時間を短縮しよう、というのが狙いとなります。
結果としてビルド時間が 約1/3 になったということで大幅に短縮されたのがわかります。
WAN経由でも分散ビルドができれば軽量なMacBook Airを主体として外でコーディングができそうな気がします。
nnkgw さん、次回の発表も楽しみにしております(笑)

ラストはみやけんさんに「android開発者から見た、iOS」という題目でお話いただきました。

お話のメインは今、iOSのシェアを抜いて1位になったandroidのお話でした。
iPhoneと違ってカスタマイズの幅が広いandroidではホーム画面のUIを変えたり、ユーザ入力によって動的に変化する壁紙など、色々細かいことが可能ということでかなり新鮮でした。

開発者としては、個人的にandroidアプリの以下の点が良い所だな、と思いました。

  • アプリはできたらすぐにリリース可能
    • 面倒な審査が不要
    • バグがあってもすぐに修正してアップデート可能
  • 端末にインストールされた他のアプリケーションとの相互連携

特に2番目のアプリケーション同士の連携ではiPhoneではできない面白い事が色々できるのではないかなと思いました。

最後に告知になりますが、次回の第六回 iPhone Developer Workshop は 2011/3/20(日) 10:00 – 18:00 に東京都北区の「ネスト赤羽」にて開催いたします。
参加申し込みはこちらからとなりますので、ご興味がありましたらご参加くださいませ。

それでは皆様、また次回よろしくお願いします!